HOME>コンテンツ>相手に喜んでもらえる内祝いの選び方とマナーを把握しよう

相手に喜んでもらえる内祝いの選び方とマナーを把握しよう

風呂敷

内祝いで喜んでもらうためのポイント

内祝いは、お祝いをいただいた時のお返しになります。お金をいただく場合もありますし、贈り物をいただく場合もありますが、そこにもマナーがありますのでポイントをしっかり押さえて気持ち良くお返ししましょう。まず名目上、お返しとは言いませんので、内祝いや御礼などという名目になります。金額は昔から半返しが基本とは言われていますが、事情や相手との関係性に合わせたほうが適切なので、場合によっては控えめのほうが喜ばれる事も多いです。大切なのは気持ちなので、お祝いをいただいて嬉しかったということが伝わるのが一番です。有難うの気持ちが伝われば、贈ったほうも心から喜んでくれるでしょう。タイミングは1ヵ月以内にするのがマナーです。もし忘れてしまっていたとしたら、なるべく早くお詫びをして、内祝いという形ではなくても何か品物を手渡すのがいいでしょう。

内祝

内祝いを注文する方法

結婚や出産など、お祝いをいただく時はいろいろと忙しい時である事が多いです。買い物に行ってゆっくり選べればいいのですが、なかなか行動に移せないまま時間が経ってしまうようならインターネットで手配すると良いでしょう。近年とても人気が高いのは、自由に選べるカタログギフトです。内祝いをもらった人の半数近くが嬉しかったと答えていますので、インターネットからカタログギフトを手配するのはお勧めです。サイトにアクセスして金額や内容からカタログを選び、通販で買い物をするのと同じように注文できます。のしやメッセージを付けられるサービスもありますし、相手の住所を指定するだけで届けてもらえます。味気ないと感じるなら、別途手紙を出すのもいいでしょう。物だけでなく、レストランでの食事や旅行などを送れるギフトもあるので、時間のある時にいつでもじっくり選ぶことができます。

広告募集中