参列者に贈る引き出物

挙式や披露宴の参列者に贈る引き出物は、「駆けつけてくれてありがとう」の意味合いが込められています。また、「幸せのおすそわけ」などという気持ちを込めて華やぎのある品物を贈ることが一般的です。ただ、披露宴のご祝儀の4分の1〜半分程度の額が相場です。高額なものはNGですので気をつけましょう。

当日配布と宅配で得られる違い

当日配布は見栄えが優先されてしまうことがある

挙式当日に引き出物を渡す場合、地域によっては「大きいほどよい・重い程よい」といわれることがあります。そのため、見栄えが優先されてしまうことも。このような品物であれば、遠方からのゲストが持ち帰りに困ることも多く見られます。

宅配は数日後に届く幸せのおすそわけ

年配者などは、挙式当日に「持ち帰るものがない」という物足りなさを感じてしまうこともありますが、自宅に引き出物が届く宅配システムであれば、幸せのおすそわけとして再び挙式の余韻に浸ってもらうこともできます。

参列者に喜ばれるものを選ぶことが大事

地域性や、出席者の構成にもよりますが、引き出物はゲストのライフスタイルに寄り添った品物や喜んでもらえる品物を選ぶことが大切です。カタログギフトなども然りで、新郎新婦側が選んだものよりも、ゲストに選んでもらえるシステムなどは便利です。また、重くて持ち帰れないという声も多々あります。後日宅配してもらえる新しい引き出物システムも便利です。

カタログギフトのメリット

ギフト

かさばらずに持ち帰ってもらえる

カタログギフトは冊子タイプの品物ですので、重たさなどを感じることなく持ち帰ってもらえます。カタログギフトを販売するメーカーによっては、箱詰めの上ラッピングが施されているので、心がこもった贈り物という気持ちを込めてお渡しできるメリットもあります。

ゲストの好みの品物を選んでもらえる

百ページを超えるカタログギフトの冊子に掲載されている品数は多岐にわたります。取扱いジャンルも幅広く、老若男女誰でも何かしら品物を選べるメリットがあります。はがきやネットで注文してから手元に届くまでは数週間程の時間を要します。しかしながら、オーダーした商品は自宅まで届けてもらえます。

新郎新婦も迷わず選べる

引き出物を選ぶ楽しさもありますが、挙式・披露宴の打ち合わせが忙しい新郎新婦にとって、カタログギフトはその忙しさを軽減できるメリットがあります。また、格式や体裁を重んじる親戚や両親に引き出物の品定めで振り回されることもなく、受け入れてもらいやすい品物となるでしょう。

引き出物にも活用可能【人気のカタログギフトの魅力をご紹介】

くまの人形

贈り物として最適なカタログギフト

カタログギフトは、引き出物を渡す新郎新婦側にとっても、受け取るゲスト側にとっても「winwin」のメリットがあります。新郎新婦側にとっては、あれこれ引き出物を選ぶ必要がなく、ゲスト側にとっては自分の好きなものを選べるメリットが生まれます。また、カタログギフトには、人気のアイテムや旬の果物など、その時々のトレンドがちりばめられているので「また、カタログギフトをもらった」という落胆の声がないこともメリットといえるでしょう。また、出産内祝いなどにもカタログギフトを贈ることもできるので、様々な贈り物のシーンに合わせて利用すると良いでしょう。カタログギフト以外に物を贈りたいといった場合、人気を博しているものにお米もあります。お米はあっても困らないですし、またもらって嬉しいものでもあるので選ばれていると言えます。

内祝いを検討しているなら確認してみよう!

出産祝いをサクサク選ぼう♪

カタログギフトを割引価格で販売中♪

大阪で好評な花屋を厳選リサーチ☆

広告募集中